Around mui

muiをとりまく、おおらかであいまいな境界
人と自然、集落と聖地、生活と歴史
ゆるやかな連なり、やわらかい空気

白く長い砂浜と波に侵食されたきのこ形のひょっこり大岩。開発とは無縁の昔ながらの天然ビーチは遠浅で波も穏やか 。ここへ来ると自然と体内時計もゆっくりまわり出すようです。 食堂かりかでカレーとビール。満月の夜は幻想的な月の絨毯と波の音。お子様連れにはグラスボートもおすすめです。

木のトンネルをくぐると広がる海の景色。砂浜と海以外はなにもないのですが、どこまでも続くかのような長い砂浜を海の音を聞きながら裸足で散歩するのも気持ちよい時間です。足に感じる砂の感触と海が運ぶ風を感じることができます。

琉球の語り継がれている創世神アマミキヨが、久高島から降り立ったとされる聖地の浜。
裏手の石段を登ると静寂な森に、湧き水の音が流れる静かで幻想的な雰囲気のほこら(浜川御嶽)があり、琉球のやさしい祈りの空気が流れています。

水道のない時代に使われていた地域の水汲み場。豊かの水源で昔は稲作が盛んでした。近くに沖縄稲作発祥の地もあり、その稲の藁で手編みした綱引きの伝統行事が今も受け継がれています。今も沖縄屈指の名水がこんこんと湧き出てこぎみよい水の音が気持ち良い。石畳の静かな森と久高島を望む絶景の間にあるオアシスは、今も地元民に愛されるスポット。

琉球王国時代から大切な拝所とされていた場所。標高約180メートルほどの見晴らしの良い高台にあり、遊歩道の階段が整備されています。階段を上ると、石灰岩をくり抜いた印象的な円形の城門があり、ここから久高島や沖縄本島の中南部が一望できます。

本島と短い橋で結ばれた、周囲約2キロの小さな島。旧暦の5月4日に行われる海神祭のハーリー(ドラゴンボート)競争が有名です。
新鮮な魚や、天ぷらが買える人気スポット。夏のトビイカの天日干しや魚釣りや飛び込みを楽しむ子どもたち、おこぼれを狙う猫たちなど、ウミンチュの島ならではの光景がひろがります。

近隣おすすめ情報

※営業時間は各店舗にてご確認ください。お食事どころは事前にご予約されるか当日でもお席の空きを確認されてから行かれることをおすすめいたします。

Food

浜辺の茶屋

長年の間多くの人を魅了しつづけてきたもはや伝説と言ってよい海辺のカフェ。
テラス席の窓からは、時間とともに表情を変える海を眺めながら、心地よい風と波の音を感じることができます。

山の茶屋

浜辺の茶屋の姉妹店。
石窯で焼いた自家製ピザやパンを楽しめます。
併設の「さちばるの庭」を散策すると、山から海を一望できます。

食堂かりか

ネパール出身のシェフが作る、本格ネパールカレー店。
白い砂浜が広がる天然ビーチで、海を眺めながら食事を楽しめます。
オリオンビールやラッシーなどのドリンクや、サモサなどのサイドメニューも豊富です。店主おすすめは満月の夜。

BE NATURAL

小高い丘の上にある、隠れ家レストラン。
地元の食材や地元知念漁港で水揚げされた新鮮な魚、オーガニックな食材などひとつひとつの素材をリスペクトして作られた、やさしくも本格的なイタリアンのコース料理が楽しめます。人気店のため、事前のご予約必須です。

胃袋

なかなか予約のとれない南部の名店。
旬の沖縄の食材をベースに、ここでしか味わうことのできない料理を楽しむことができます。丁寧に扱われた素材はひとつひとつがいきいきとして、一皿一皿が細部まで美しい、記憶に残る夜になることをお約束します。
※予約方法は胃袋のインスタグラムをご確認ください。

玉城食堂

沖縄南城市で活動する画家・陶芸家・木工作家などのアーティストたちが、公民館だった建物をセルフリノベーションした食堂。感性を刺激しつつ和める店内で、個性豊かな旅ごはんと台湾料理が楽しめます。店内ではbonohoや宮城陶器の器や、藤本健さんの木工作品が購入できます。

Cafe Beans

三姉妹が手作りしたカフェ。お店の前には大きく育ったガジュマルの庭があり、木陰がなんとも気持ちいい。
フーチバー(よもぎ)のパスタや、食べられるお花をあしらったケーキをいただけます。

沖縄そば峰

海を眺める高台にある、赤瓦屋根のそば屋。
国産小麦100%の自家製麺など、素材と美味しさにこだわった沖縄そばは食べ慣れた地元民も絶賛するほど秀逸な一杯。

割烹常

地元の人が集まる割烹。
新鮮な魚介を使った本格的な割烹料理から、チャンプルーなどの沖縄料理まで楽しめます。

奥武島海産物食堂

小さな島の漁港前にある食堂。
獲れたての魚を使った料理や、定番の沖縄料理をいただけます。

奥武島いまいゆ市場

島のウミンチュ(漁師)が水揚げしたイマイユ(新鮮な魚)や、それらを使った加工品を購入できます。
海鮮丼を買って、目の前の海で食べることもできます。

シャム

地元の人から長年愛されるタイ料理の名店。
住宅街の一角で、本格的なタイ料理が楽しめます。沖縄の夜にちょっとエスニックなディナーを楽しんでみてください。

小さな愛すべき小屋のような店舗で本格的なお料理を気軽に楽しめる小料理屋さん。
京都で長年修行され生まれ育った町で2021年にオープン。
決まったお食事のメニューはなく、地元の食材や旬の食材を使って毎回お任せでアレンジしてくれる。
店主の気さくで温和な人柄と温かい空間で食べる美味しいお料理とお酒はとってもおすすめです。
事前予約制ですが、当日でもお席あるかもしれません。必ず行かれる前にお電話でご確認ください。

浜辺のパーラー

浜辺の茶屋が運営する「さちばるの広場」にて、毎週金曜日、土曜日の夜限定でオープンするパーラー。さちばるの庭に隣接する屋外スペースで、夕暮れ時に美しいサンセットを眺めながらピザなどをいただけます。隔月で浜辺のマルシェも開催。

BOTCHI andante andante

とっても美味しい地域に愛される焼き菓子のお店です。毎日でも食べられるようなお家に帰って机に置かれていたら幸せになるような、そんな日々を大切に感じるおやつです。ギフトボックスもあるのでお土産にもどうぞ。

te

住宅街の中にある、小さな可愛いパン屋さん。サンドイッチや季節のスープ、ドリンクなどのイートインも可能。美味しいベーグルやフォカッチャ、シナモンロールなどがあるので、朝ごはんや、お部屋でお料理をする予定の方におすすめです。

Boulangerie enne

可愛い木のショーケースには、ハード系のパンを中心に、子供が喜ぶパンまで種類豊富に並んでいます。フィナンシェなどの焼き菓子もあります。朝ごはんや、お部屋でお料理をする予定の方におすすめです。

Craft

Doucatty

手ぬぐい・Tシャツ 手捺染の工房。沖縄の自然をモチーフにしたかわいい柄の手ぬぐいはコレクターも多い。
天井が高く開放感と木のぬくもりのある工房はいるだけでも心地よい。

玉城食堂

沖縄南城市で活動する画家・陶芸家・木工作家などのアーティストたちが、公民館だった建物をセルフリノベーションした食堂。感性を刺激しつつ和める店内で、個性豊かな旅ごはんと台湾料理が楽しめます。店内ではbonohoや宮城陶器の器や、藤本健さんの木工作品が購入できます。

Grocery store

※食料品の買い出しやお土産などの参考にしてください。

軽便駅かりゆし市

沖縄でよく見かける産直の野菜や果物を扱う市場。農家さんが自ら配達して並べる新鮮な島のめぐみを購入できます。普段見かけない珍しいお野菜や果物に出会えるかもしれません。ローカル感あふれる地域に親しまれている市場です。

奥武島いまいゆ市場

沖縄で”いゆ”は魚のこと、”いまいゆ”はとれたての魚という意味です。魚屋さんが数件並ぶ地元の魚市場には珍しいカラフルなお魚が並びます。沖縄で愛される地元さんのマグロや夏の風物詩の干しイカなど宿に持ち帰って夕食やおつまみにするのもおすすめです。宿からは車で7分ほど。島ですが車で渡れる小さな漁師の島です。

Aコープ玉城店

muiから車で5分、最寄りのスーパー。JAが運営しているため、地元の産直野菜も購入でき、小さいながらも必要最低限のものは揃います。沖縄のローカルなスーパーなので地元の暮らしが少し覗けるかもしれません。

南の駅 やえせ

お隣八重瀬町にある道の駅。
沖縄県産の調味料や沖縄のお土産物も購入できる。産直市場も併設しており、ちょっとしたスーパーのような品揃え。宿からは車で10分ほど。軽食が食べれる店舗も併設しています。

サンエー八重瀬シティ

宿から車で15分ほどのところにある大きめのスーパー。食料品、医薬品や海のレジャー用品なども購入可能。品揃えが豊富なので生活に必要なものは大体揃います。本屋も併設。